南国の海は自然の宝庫です。
なかでも珊瑚は、昔から流れついた原木を装飾品にしたりして楽しんでいました。
最近は海水の温度やオニヒトデなどが食べてしまうため群落自体が見られなくなっています。
地元では復活をめざした活動を始めていますが、長い月日を経て生成される自然の恵みです。
原石自身がもろく、傷つきやすいです。
宝石として加工できる部分は1~2割に過ぎません。
保管にも注意を払う必要があります。
年とともに劣化していくことは避けられません。
買取りは、貴重なだけにちゃんと判断ができる人に頼みたいです。

珊瑚の買取はちゃんと判断できる人に頼みたい!

珊瑚の買取はちゃんと判断できる人に頼みたい! 天然珊瑚のほとんどの成分は、炭酸カルシウムからできています。
キズがつきやすいのが特徴のひとつです。
また非常に酸に弱い性質をもっています。
ツヤが消えてしまうと元には戻りません。
珊瑚には、日頃のメンテナンスが欠かせないのです。
劣化は免れません。
このようにデリケートな性質をもっていることから、今ある宝石珊瑚も早晩少なくなってきます。
自然保護の関係から保護活動が続けられていますので採取できる場所も限られています。
ますます希少化していくものを、保管のよい状態で保ち保護することも必要です。
お手持ちでお手入れがされていない宝飾品は、早めに処分することもひとつの方策です。
買取りは、専門の宝石鑑定士に判断してもらって評価してもらうことをお勧めします。
宝石鑑定士は、世界的に権威ある鑑定機関が付与する資格です。

珊瑚の価値はどう決まる?

珊瑚の価値はどう決まる? 日本に伝わる昔話によく宝物の挿絵として登場するように、珊瑚は時に非常に高価な品となることがあります。
その価値は珊瑚の種類と希少具合を前提として、その他にはある程度の基準として共通した判断材料が存在しています。
珊瑚の価値の決め手としてまず挙げられるのはその色合いです。
典型的な赤い種類のものであればより色の暗いものの方がグレードが高く、明るい色になっていくに連れて安い値段がつけられるようになります。
そして「フ」と呼ばれる独特のムラ模様が多くの珊瑚には入っていますがこれはない方が高価になり、つまり暗くシンプルなカラーリングをしているものが最もランクが高いということになります。
また自然の産物ゆえに傷や窪みがあることが多いですがこれらがあると見栄え的にも良くないため、滑らかな見た目をしている品の方が重宝される傾向にあります。
そして手入れを怠っていると、虫に食われるなどして本来の美しさが損なわれてしまうということもあります。
もし高いグレードに当てはまる物を持っていて何かのきっかけで手放すということになった時、買取りを依頼すると思わぬ価値が付くことがあるかもしれません。
定期的に確認とメンテナンスをおこない、大切に保管するようにしてください。

珊瑚査定関連リンク

珊瑚を高価で査定してくれるサイトです

珊瑚 買取 査定